• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

絆でハマっているときに思い出す初代バジリスクの話。

絆でBCどころか巻物すら引けなくてハマってたりすると、ふと初代バジリスクのことを思い出します。絆は初代バジリスクをモチーフに作られたものであり、全体的なAT当選の流れはほとんど初代を踏襲していると言っていいでしょう。特に巻物を引いてボーナスに期待する、という点はほとんど初代と変わりありません。

さて、今ホールでは絆が目玉機種として勢力を誇っていますが、中には通常時BCをスルーし続ける限りBTに突入しない絆の仕様に不満を持っている方もおられるでしょう。決して私のことではありませんよ。そんな方のために4号機からパチスロを打ち続けるおじさんが、初代の頃の話をしてみようかと思います。

初代と絆では大きく異なっている点もいくつかあるのですが、その最大の違いは天井の有無です。初代は本物ボーナスを搭載していたために、ボーナスに当選しない限りは延々と通常時を打ち続けることになったものでした。一方で絆は擬似ボーナスであるがために500Gに天井を搭載することが出来た、この違いは大きいでしょう。またBCスルー天井は最大10回とこれは絆とほぼ同じですが、やはりここでもまた絆と違う点があります。

それは「初代はカウンターでART突入を察知することが出来なかった」ことです。あるいは中には、律儀にART突入をカウントしてくれたお店もあったのかもしれませんが、私が知りうる限りではそういう店はありませんでした。つまり、初代でスルー天井を狙う際はある程度状況を把握しておく必要があったのです。データグラフが見れれば察知しやすいのは間違いありませんが、BTに突入しても、単発で終わってしまったりしてしまった場合は見た目には増えているように思えず迷彩をかけられてしまうことになります。

おかげで一時期初代バジリスクのハイエナでものすごい目にあったことを今でもよく覚えています。
あの時のことを考えると…ちょっと絆で巻物が引けなくって500Gまで連れて行かれたりとか、天井でようやく当選したBCが何事もなく終わって朧の背景が三日月だったりとか、やっぱり碌なテーブルが選ばれてないなこの野郎、とかそんなことがあっても初代バジリスクで巻物が引けなくてボーナスも引けない、ようやく引いたボーナスで7も揃わないし朧カットインも入らないとかそんな経験を思い出せば……許……許せませんね、はい。
それでもやっぱりハイエナだけに限れば絆の方がよっぽどやりやすいと思いますよ。今のホール状況は別にして。